KAT-TUNについて時々勝手に語ります


KAT-TUNに溺れる主婦のKAT-TUNごとと育児とネコとの生活。勝手なので内容も更新日程も勝手です。
by shio-shioj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
KAT-TUN
JIN
10Ks!
9uarter
舞台
雑誌(KAT-TUN)
come Here
少クラ premium
怪盗山猫
セカンド・ラブ
JOKER GAME
KOKI
ネコ
美白
fashion
旅行
散歩
セルフリフォーム
子育て
手作り
日常
レジャー
お気に入り
子育て
地震
パニック
その他
非公開
未分類
お気に入りブログ
samanthaの食卓
一日一膳
miri's lifenote
Living room ...
nu-no* life
ヒトは猫のペットである
...
Harvest *Wreath
Rioc**   lin...
ビーズランプ・古道具・ア...
Wie geht's?
natural色の生活~...
IEbiyori
nostalgie ~猫...
まーがれっとな日々
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 05月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

25W-5 おばあちゃんからの言い伝え

私の70歳になる母は、妊婦だった時からはや40年あまりも過ぎているので いろいろなことは忘れてしまったわとずっと私の妊娠初期には 言っていましたが私の妊娠も中期の安定期間に入ってきてひととおりの知識も本屋インターネットや妊娠経験者の友人から得て つわりもおさまりほっとした時期になってきたのにもかかわらず 変なことを言ってくるようになりました。f0131936_1120388.jpg
最初は (10年以上前に他界した)おばあちゃん(母の母)は、ほとんど(私の)いとこたちが男か女か お腹の形と生まれ月を見て当てたのよ。お母さんもどうしてなのか 聞いておけばよかったわ。とか...
まあ母は女姉妹にて女系、だから10人程のいとこもほとんど女の子で 女の子と言えば7割の確率で当たるので私からすればだいたい家系的にわかるじゃんとも思っていながらも聞き流していましたが...
次は もちろん重いものは持っちゃだめと高いところのものは取っちゃだめ。
これは好都合で これまで以上に主人に買い物で重いものは持ってもらう様になり、大変役立ちましたので利用させてもらいました。
その後屈むなとか、車は運転するなとか、火(火事)は見るなとか(普通あんまり直接は見ないけどテレビのニュースとかではよく見るけどそれは?)、主人に部屋や風呂掃除をしてもらうことの口実に都合のよいことは結構活用させてもらいました。
このあたりまでは よかったのですが なにかしようとすると母はおばあちゃんの言い伝えを持ち出し 昔から言われてることは聞くものよと制約してきます。
妊婦なんだから夜までふらふら歩ってんじゃないのと言って来たのは 私が夕方6時頃に買い物から帰って来た時でした。
車も本当は乗らない方がいいのよね。と心配してるのはわかるんだけど じゃ買い物は歩きで行って重い荷物もって帰って来た方がいいの?
それとも旦那にみんな買い物してもらえってことなのか?
そんなの現代人には不可能でしょう?働いていたり シングルマザーはどうするの?もちろんそういうひとたちへの援助はもっと必要で 少子化の観点からから言えばそこからのケアが重要だけど そこまでの話は 今してないので...
妊婦は 家に閉じこもってろってことになってしまう。
そんなこと無理なのに...良心的に捉えれば それだけ妊婦なんだから意識して生活しろってことで納得できるけど...
でも いろいろいちいち言われるのって妊婦には余計にいらいらします。
そんないろいろやってはいけない!!気をつけろ!!を言ってくる母ですが つわりで気持ち悪いころでもご飯を作りに来てくれたり 手伝いに来てくれたのはたったの2,3度。
これからちょくちょく来るからエプロン置いて行くわと言って置いていったのにその後2ヶ月全くつかっていない。
来ても おばあちゃんの言い伝えを逆手に注意だけいろいろ言い残し、私の作った料理を食べて帰っていく。
しかたがないか母70歳ですものね。
きっと出産後もあんまり役には立ってくれず、口だけうるさいんだろうな...
ここのところ 旅行についてぶつかって あまりにうるさいので 電話かけてこないで!!と言い渡してから 電話がないのでちょっと平和。
ゆっくり過ごせています。
お腹は大分大きくなってきて おへそが出臍みたいになってきました。体重が3週間で2kgも増えたので太り過ぎかと心配です。
先日久し振りに気持ちが悪くなり 朝方から吐いてしまったのですが 甘いもの、特にケーキとかを食べるとその時はおいしいって感じがいいのですが しばらくすると不快になります。
気持ち悪いのと精神的にイライラするような??
前日の夜 桜ロールケーキをおいしかったのでぺろりと1個たいらげてしまったのです。
これってよくないのでしょうか?
それか前日の昼間散歩に行って暖かかったので長く歩き過ぎたのかもしれません。
日光に少し弱いところがあってときどき熱中症みたいになったことがあるのでそのせいかもしれません。
どちらにしても今日は普通に元気なので 助産師さんの言いつけ通り毎日1時間以上の散歩に今日も午後から出かけるつもりです。
by shio-shioj | 2007-04-12 11:21 | 子育て

24W-5 高齢の妊娠期間は我慢なの?

私の年齢が41歳と高齢のため あたりまえに親も親戚も周囲はみんな本当の意味で高齢です。
70代が大半。かなり頑固な年齢??f0131936_11291986.jpg
母にも妊娠当初は経験者として心配事とか 疑問とか聞いてましたが 大概もう40年以上前で忘れてしまったって答えで全くに近い程参考になりませんでした。
忘れてしまったから 病院で先生に聞いてみるといいよ。みたいな返事がほとんどだったと思います。
もっともなんだけど病院に行くまで時間が長いとか 些細なことだったりとか ちょっと聞いてみたいようなことでも大概そうでした。
ある時 しゃっくりがすごい出るんだけど そんなことあった?と聞くと 母の答えは『そーいえば 知り合いの誰々がいつだかしゃっくりが止まらなくて病院行ったって言ってたわ。』と言い出し、それって男の人の話で妊娠には全く関係ないじゃないとあきれていると 母はひとりで あはははっと笑ってました。
やっぱり私としてはこんな状況に振り回されるより 自分で知識を得た方が早いし、安心と考え図書館から本を借りて読んだり、インターネットで調べたりといろいろ予備知識を仕入れました。
ところが私の心配している事柄には答えてくれない母が おばあちゃんから言われたことについては厳格に守れと言ってくるのです。
最初は かがむな!でした。屈むって そんなに良くないんだと最初は思っただけでしたが ぞうきん掛けはいいというのです。ってことは 前屈体勢はだめだけど 四つん這い体勢はいいのか?ふーんと素直に思っていましたが 日常生活で前屈姿勢にならないなんて不可能。
改めて母に どうしてだめなのと聞くと 流産しやすいからというのです。
でもその程度で流産してたらとっくに流産してると思うんだけど...
私の調べた限りでは初期の流産は妊婦のせいよりもそもそも育ちにくい受精卵だった可能性が高く 自然淘汰みたいなしかたがないこととが多いというような内容が本でもインターネットでも多く書かれていたように記憶しています。
病院の先生も妊娠していることを意識して普通に生活して大丈夫ですよと 初診のとき言ってましたので そーいう意味なんだろうと後々解釈していました。
次は 安定期になるまで車を運転しては絶対いけない!ってことでした。
だって仕事してる人や 運転しないと病院や買い物へ行けない人はどうする訳?現代人として不可能でしょう?
次は腹帯、5ヶ月の戌の日からやるものだという連絡が入り さすがにさらしじゃなくちゃだめとまでは言われずデパートで売っている腹巻き+サポーターみたいなもの一体タイプと別々のタイプ2枚でOKしてくれましたが なにも私が抵抗しなければ さらしを巻かれていたことでしょう。
さらしを否定するわけではありませんが トイレに入る時は毎回巻き直す必要があったりとすぐ気軽に巻けないっていうのは面倒だと思うんですよね。他にもあるのに...
それに腹帯って日本人だけが着けてるってうわさも聞きます。
母の指示に従い着けてみましたが 5ヶ月のころはまだつわりもすこし残っており 胃を圧迫されると気持ち悪いし 精神的にも不安定時期だったので 着けていると苦しくってイライラして リラックスできず全然だめでした。
その後もいろいろ調べましたが現在では締めつけないほうが赤ちゃんのためにもいいとされているので締めつけないんであれば 着けても着けなくてもいいって内容が多かったようです。
こんなに妊婦がイライラするのに無理矢理着けても赤ちゃんにいいはずないと思うのですがどうなんでしょう?
しかしながら冬だったので冷やさないようにとは思い100金で買ったすごーく簡易な腹巻きとカットソーを切って作った腹巻きを交互に愛用してました。(今でも愛用してます。)
まあ今は腹巻きとサポーターが別々のタイプの腹帯でサポーターは使わず腹巻き部分のみ使えるようになりました。(いままでは腹巻き部分が大きすぎて落ちて来てしまうので使えなかった。)
もう一枚の腹巻きとサポーター一体タイプは使う日がくるのでしょうか?
と ここまで書いてつかれたので続きは 次回にします。
まだまだ続きます。おばあちゃんからの言い伝え。
by shio-shioj | 2007-04-05 11:31 | 日常

24W-2 (7ヶ月目に突入)そんなに悪いの?妊婦の旅行

車で4時間ぐらいの温泉に1泊旅行を計画していますが なんだか 母が猛反対。
助産婦さんにはゆっくり行けば大丈夫と言われてますが 母はそんな長時間の乗車はダメ、高齢なんだからと電話をかけてきて大騒ぎです。
とにかく おとーさんとおかーさんは反対ですからね。みたいな捨て台詞も言ってました。
わたしも頭にきて うるさいんだよっていって 電話切ってやりましたが(笑)...
主人にも話をしたら 心配していってるんだから あんまり怒らないでと笑われました。
心の安定が大切な高齢妊婦を怒らせないで 母よ。
f0131936_11324690.jpg

by shio-shioj | 2007-04-02 10:54 | 日常