KAT-TUNについて時々勝手に語ります


KAT-TUNに溺れる主婦のKAT-TUNごとと育児とネコとの生活。勝手なので内容も更新日程も勝手です。
by shio-shioj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
KAT-TUN
9uarter
come Here
少クラ premium
セカンド・ラブ
JOKER GAME
怪盗山猫
舞台
雑誌(KAT-TUN)
JIN
KOKI
ネコ
子育て
散歩
手作り
旅行
日常
レジャー
パニック
子育て
地震
セルフリフォーム
fashion
お気に入り
その他
非公開
10Ks!
未分類
お気に入りブログ
samanthaの食卓
一日一膳
miri's lifenote
Living room ...
nu-no* life
ヒトは猫のペットである
...
Harvest *Wreath
Rioc**   lin...
ビーズランプ・古道具・ア...
Wie geht's?
natural色の生活~...
IEbiyori
nostalgie ~猫...
まーがれっとな日々
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 05月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

29W-4 あっという間に8ヶ月になりました

しばらく投稿していないなあと思っていたら 1ヶ月近くも前回の投稿から日が経ってしまいました。
8ヶ月に入ってなんだか赤ちゃんはすこぶる順調な気がしています。
助産師さんになるべく歩くように言われて 天気のいい日は1時間以上散歩して 乳製品や甘いものもできるだけ断ち(甘いものが好きなのでこれは辛い) 玄米食にして野菜中心の質素な食事に変えたら お腹の張りもほとんど感じ無くなりました。
体調がいいので赤ちゃんも順調な感じがしてとってもいいです。
前回の投稿から今日までの間 旅行に行ったり アイドルのコンサートに行ったり GWがあったりといろいろあったので 話題はたくさんあったのに落ち着いて書き込みできませんでした。
旅行は 車で3、4時間のところにある温泉に泊まりがけで出かけました。
ついでに妹とコンサートにも行く予定だったので 車の運転と送迎役の夫と3人での旅行となりました。
70歳の母には旅行出発の当日まで行くか行かないか はっきりと話していなかった状態で 当日朝 妹を実家に迎えに行くと、母は玄関で待ち構えており(夫に言わせると鬼の様に)怒っていました。
しかも玄関をほうきで掃いていたので まさにほうきをもって立つ典型的な怒ったかあさんスタイルでした。
旅行中は車の中で思い出すたびに3人で笑ってしまいました。
コンサートの時間があるので 妹を連れてすぐにも出発したかったのですが またおばあちゃんの言い伝えを持ち出して とにかく出かける時にはお茶(なんでも災難除ける意味だそうです)を飲んで行くもんだと言って聞きません。
しかたなく車を降りてお茶を飲みましたが 妊婦に緑茶ってどうなのよ。カフェインよくないんだけどなどど思いましたが これはおばあちゃんの教えにないから母としてはいいらしい。
私自身は気にして毎日番茶を飲んでるのに その辺の最近の知識はどうでもいいのよね。
牛乳とか卵とか妊娠中も授乳中も飲まない方が最近はいいらしいとかも知らないだろうし、赤ちゃんのおむつとか産着とか平気で蛍光剤とか界面活性剤とかがいっぱい入った洗剤で洗ったりしちゃうんだろうな?
わたしが今住んでいるところはマンションなので 狭いし勝手がわからないし 実家から1時間半ぐらいかかるので 母は産まれたら 実家に帰ってきてほしいって言っているのですが まずは洗剤から変えてもらったり 今までの洗濯機内の洗剤の残留物を洗浄してもらうとか、食事について注文つけなきゃいけないとか考えると面倒で実家に帰るのも悩んでいます。
だからといって初めての出産、しかも高齢で産後の体力も心配なわたしとしてはできるだけ人には頼りたいし...
マンションに来てもらうのがいいけれど 母も高齢、頭の手術も2回しており余り無理はさせられないし なんと言っても部屋が狭いからなあ。
若いうちなら勢いで何にも考えず あまりこだわらずに産めるんでしょうけれど 40歳も過ぎると失敗できないみたいなこだわりが出ちゃうし、いろいろ情報も集まるし これも高齢だから起きる悩みですよね。
# by shio-shioj | 2007-05-09 12:26 | 日常

25W-5 おばあちゃんからの言い伝え

私の70歳になる母は、妊婦だった時からはや40年あまりも過ぎているので いろいろなことは忘れてしまったわとずっと私の妊娠初期には 言っていましたが私の妊娠も中期の安定期間に入ってきてひととおりの知識も本屋インターネットや妊娠経験者の友人から得て つわりもおさまりほっとした時期になってきたのにもかかわらず 変なことを言ってくるようになりました。f0131936_1120388.jpg
最初は (10年以上前に他界した)おばあちゃん(母の母)は、ほとんど(私の)いとこたちが男か女か お腹の形と生まれ月を見て当てたのよ。お母さんもどうしてなのか 聞いておけばよかったわ。とか...
まあ母は女姉妹にて女系、だから10人程のいとこもほとんど女の子で 女の子と言えば7割の確率で当たるので私からすればだいたい家系的にわかるじゃんとも思っていながらも聞き流していましたが...
次は もちろん重いものは持っちゃだめと高いところのものは取っちゃだめ。
これは好都合で これまで以上に主人に買い物で重いものは持ってもらう様になり、大変役立ちましたので利用させてもらいました。
その後屈むなとか、車は運転するなとか、火(火事)は見るなとか(普通あんまり直接は見ないけどテレビのニュースとかではよく見るけどそれは?)、主人に部屋や風呂掃除をしてもらうことの口実に都合のよいことは結構活用させてもらいました。
このあたりまでは よかったのですが なにかしようとすると母はおばあちゃんの言い伝えを持ち出し 昔から言われてることは聞くものよと制約してきます。
妊婦なんだから夜までふらふら歩ってんじゃないのと言って来たのは 私が夕方6時頃に買い物から帰って来た時でした。
車も本当は乗らない方がいいのよね。と心配してるのはわかるんだけど じゃ買い物は歩きで行って重い荷物もって帰って来た方がいいの?
それとも旦那にみんな買い物してもらえってことなのか?
そんなの現代人には不可能でしょう?働いていたり シングルマザーはどうするの?もちろんそういうひとたちへの援助はもっと必要で 少子化の観点からから言えばそこからのケアが重要だけど そこまでの話は 今してないので...
妊婦は 家に閉じこもってろってことになってしまう。
そんなこと無理なのに...良心的に捉えれば それだけ妊婦なんだから意識して生活しろってことで納得できるけど...
でも いろいろいちいち言われるのって妊婦には余計にいらいらします。
そんないろいろやってはいけない!!気をつけろ!!を言ってくる母ですが つわりで気持ち悪いころでもご飯を作りに来てくれたり 手伝いに来てくれたのはたったの2,3度。
これからちょくちょく来るからエプロン置いて行くわと言って置いていったのにその後2ヶ月全くつかっていない。
来ても おばあちゃんの言い伝えを逆手に注意だけいろいろ言い残し、私の作った料理を食べて帰っていく。
しかたがないか母70歳ですものね。
きっと出産後もあんまり役には立ってくれず、口だけうるさいんだろうな...
ここのところ 旅行についてぶつかって あまりにうるさいので 電話かけてこないで!!と言い渡してから 電話がないのでちょっと平和。
ゆっくり過ごせています。
お腹は大分大きくなってきて おへそが出臍みたいになってきました。体重が3週間で2kgも増えたので太り過ぎかと心配です。
先日久し振りに気持ちが悪くなり 朝方から吐いてしまったのですが 甘いもの、特にケーキとかを食べるとその時はおいしいって感じがいいのですが しばらくすると不快になります。
気持ち悪いのと精神的にイライラするような??
前日の夜 桜ロールケーキをおいしかったのでぺろりと1個たいらげてしまったのです。
これってよくないのでしょうか?
それか前日の昼間散歩に行って暖かかったので長く歩き過ぎたのかもしれません。
日光に少し弱いところがあってときどき熱中症みたいになったことがあるのでそのせいかもしれません。
どちらにしても今日は普通に元気なので 助産師さんの言いつけ通り毎日1時間以上の散歩に今日も午後から出かけるつもりです。
# by shio-shioj | 2007-04-12 11:21 | 子育て

24W-5 高齢の妊娠期間は我慢なの?

私の年齢が41歳と高齢のため あたりまえに親も親戚も周囲はみんな本当の意味で高齢です。
70代が大半。かなり頑固な年齢??f0131936_11291986.jpg
母にも妊娠当初は経験者として心配事とか 疑問とか聞いてましたが 大概もう40年以上前で忘れてしまったって答えで全くに近い程参考になりませんでした。
忘れてしまったから 病院で先生に聞いてみるといいよ。みたいな返事がほとんどだったと思います。
もっともなんだけど病院に行くまで時間が長いとか 些細なことだったりとか ちょっと聞いてみたいようなことでも大概そうでした。
ある時 しゃっくりがすごい出るんだけど そんなことあった?と聞くと 母の答えは『そーいえば 知り合いの誰々がいつだかしゃっくりが止まらなくて病院行ったって言ってたわ。』と言い出し、それって男の人の話で妊娠には全く関係ないじゃないとあきれていると 母はひとりで あはははっと笑ってました。
やっぱり私としてはこんな状況に振り回されるより 自分で知識を得た方が早いし、安心と考え図書館から本を借りて読んだり、インターネットで調べたりといろいろ予備知識を仕入れました。
ところが私の心配している事柄には答えてくれない母が おばあちゃんから言われたことについては厳格に守れと言ってくるのです。
最初は かがむな!でした。屈むって そんなに良くないんだと最初は思っただけでしたが ぞうきん掛けはいいというのです。ってことは 前屈体勢はだめだけど 四つん這い体勢はいいのか?ふーんと素直に思っていましたが 日常生活で前屈姿勢にならないなんて不可能。
改めて母に どうしてだめなのと聞くと 流産しやすいからというのです。
でもその程度で流産してたらとっくに流産してると思うんだけど...
私の調べた限りでは初期の流産は妊婦のせいよりもそもそも育ちにくい受精卵だった可能性が高く 自然淘汰みたいなしかたがないこととが多いというような内容が本でもインターネットでも多く書かれていたように記憶しています。
病院の先生も妊娠していることを意識して普通に生活して大丈夫ですよと 初診のとき言ってましたので そーいう意味なんだろうと後々解釈していました。
次は 安定期になるまで車を運転しては絶対いけない!ってことでした。
だって仕事してる人や 運転しないと病院や買い物へ行けない人はどうする訳?現代人として不可能でしょう?
次は腹帯、5ヶ月の戌の日からやるものだという連絡が入り さすがにさらしじゃなくちゃだめとまでは言われずデパートで売っている腹巻き+サポーターみたいなもの一体タイプと別々のタイプ2枚でOKしてくれましたが なにも私が抵抗しなければ さらしを巻かれていたことでしょう。
さらしを否定するわけではありませんが トイレに入る時は毎回巻き直す必要があったりとすぐ気軽に巻けないっていうのは面倒だと思うんですよね。他にもあるのに...
それに腹帯って日本人だけが着けてるってうわさも聞きます。
母の指示に従い着けてみましたが 5ヶ月のころはまだつわりもすこし残っており 胃を圧迫されると気持ち悪いし 精神的にも不安定時期だったので 着けていると苦しくってイライラして リラックスできず全然だめでした。
その後もいろいろ調べましたが現在では締めつけないほうが赤ちゃんのためにもいいとされているので締めつけないんであれば 着けても着けなくてもいいって内容が多かったようです。
こんなに妊婦がイライラするのに無理矢理着けても赤ちゃんにいいはずないと思うのですがどうなんでしょう?
しかしながら冬だったので冷やさないようにとは思い100金で買ったすごーく簡易な腹巻きとカットソーを切って作った腹巻きを交互に愛用してました。(今でも愛用してます。)
まあ今は腹巻きとサポーターが別々のタイプの腹帯でサポーターは使わず腹巻き部分のみ使えるようになりました。(いままでは腹巻き部分が大きすぎて落ちて来てしまうので使えなかった。)
もう一枚の腹巻きとサポーター一体タイプは使う日がくるのでしょうか?
と ここまで書いてつかれたので続きは 次回にします。
まだまだ続きます。おばあちゃんからの言い伝え。
# by shio-shioj | 2007-04-05 11:31 | 日常

24W-2 (7ヶ月目に突入)そんなに悪いの?妊婦の旅行

車で4時間ぐらいの温泉に1泊旅行を計画していますが なんだか 母が猛反対。
助産婦さんにはゆっくり行けば大丈夫と言われてますが 母はそんな長時間の乗車はダメ、高齢なんだからと電話をかけてきて大騒ぎです。
とにかく おとーさんとおかーさんは反対ですからね。みたいな捨て台詞も言ってました。
わたしも頭にきて うるさいんだよっていって 電話切ってやりましたが(笑)...
主人にも話をしたら 心配していってるんだから あんまり怒らないでと笑われました。
心の安定が大切な高齢妊婦を怒らせないで 母よ。
f0131936_11324690.jpg

# by shio-shioj | 2007-04-02 10:54 | 日常

23W-3 昨日は ぽかぽか日和

昨日はホント暖かでした。
運動のため近くの湖の散歩コース 1周約3kmをゆっくりひとりで散歩。
散歩の人や春休みに入って子供連れで鳥たちを見に来ているファミリーなど多くの人がいました。
f0131936_11225487.jpg

助産院での出産をめざすからには 運動は不可欠。こんな散歩日和逃してる場合じゃないのでがんばって歩きました。
しかしながら さすがに妊婦(もうすぐ7ヶ月)お腹が出ているせいか 早く歩けず 従来の1.2倍くらいの時間がかかります。
お腹が圧迫して息も苦しくなるし 重いし...途中 ベンチで休んだりしましたが ひとりだとなかなか長い時間座っているのは 寂しいし 暇だしって感じで早々に立ってしまいました。
こんなときペットとかと一緒なら寂しくないのになあ。
うちでは ねこを飼っているのですが ひなたぼっこに公園に連れ出したことはあるけれど 散歩にはちょっと不向きかしら?でも 猫はめずらしいので結構声をかけられたりもするんですが...
お腹の子が無事産まれたら 一緒にお散歩なんて日もやってくるのでしょうか?
子供にばかり気を取られて ネコたちに寂しい思いもさせたくないので  なんとか仲良くなってほしいです。
それでみんなで公園でくつろいだり ひなたぼっこしたり 遊んだりなんてできれば最高ですね。
今日は残念ながら 曇り空。なんだか寒く感じます。今日の散歩はどうしよう?昨日 湖の散歩道の桜並木の数輪ずつ咲いていた桜たち つられて開くのも ちょっとお休みしてしまいそうな天気です。
# by shio-shioj | 2007-03-27 11:24 | 散歩

22W-6 心配事は尽きません。

ほんとにいろいろ心配すればきりがないですね。f0131936_11385182.jpg
40代の高齢だし、少しパニック発作のような状態も経験あるのでこれが出産時にでたらとかも不安です。
不安なことを考えるのがよけいによくないとも思うし...
32歳のころ 夜 出張先で鼻が詰まって死にそうな気がして取り乱し じっとしていられず 要するにパニック状態になったことをきっかけに 鼻が詰まるとまた起きるんじゃないかという不安で その後も2、3回発作?が起きました。
しばらく仕事をやめてからおちついていたのですが4、5年して 今度は夕食時にほっとすると なぜかいらいらしてじっとしていられなくなりパニックになって主人を困らせることが 2、3度起き 精神状態的には以前起こした鼻がつまって起きたパニック状態と同じでした。
パニック発作が起きると何かのきっかけで またあの症状(発作)が起きるんじゃないかという不安が またこわいんですよね。
時々 ひとりでテレビとかDVDとか映画なんか見ていて あまりにも入り込んでしまうとパニック発作の時の恐怖や不安がなんていうか思い出されるみたいな 共鳴してしまう感じがして発作が起きたり、起きそうになったこともあります。
アメリカ映画でロボットの子供の話の映画ありましたよね。あれ すごくだめでした。
あのロボットの気持ちがうちで一緒に暮らしている猫たちの気持ちとシンクロしている気がして悲しくなって 更に最後の地球上で 地球の記憶を持つたったひとりきりの存在として取り残される恐怖ったら 行き先はパニック発作しかない感じの不安に襲われました。
私には 必要以上に”ひとりになってしまう恐怖感”があるみたいです。
寝付く前とかもふとんの中で考えてしまったりして恐ろしくなったことも何度もあります。
と 話が逸れましたが パニックに似た症状が2週間程前(妊娠20週位前)に また出たのです。発作までは行かない ただイライラ感がひどい感じだったのですが でも 居ても立ってもいられないような感じ、下着など締めつけるものがうっとうしかったり、体中いたる所が痒くてしょうがなかったりなど 2日程 続きました。
そうなる前は とってもおだやかな 妊娠に関しての幸福感さえ感じていたというのに...なぜ?(と 自分で自問自答しちゃいました。)
でも またその後安定してきて...
これって やっぱりホルモンバランスですよね。
以前 パニック発作になった経験から図書館で興味をもち 『心の病は食事で治す』という本を読んだりして 栄養素と脳内物質?(ホルモンバランス?)の関係などを知り そーいうこともあるのかと納得していたのですが、妊婦といったら栄養面とかホルモンのバランスが崩れ易い状況。
昔から妊婦の精神状態は不安定とか言われて周囲も身体的なサポートだけではなく、ゆったりと過ごせる様気遣ってくれるイメージがあります。
私のようにバランスを崩し易い人間であれば そんなこと あって当たり前ですね。
ちなみに 病院の先生にパニック発作ですと 診断してもらったわけではなく 自己診断ですから 本当のところはわかりませんが インターネットや何冊かの本からパニック発作かな?と思っています。
病院へは今のところ 差し迫ってはいない印象なので行かないつもりです。
今の薬ってこわいですから...
# by shio-shioj | 2007-03-23 11:46 | 子育て

22W-5 助産院に転院します。

おととい産婦人科に通院して 助産院へ転院のための紹介状をもらうことができました。赤ちゃんもエコーで診てもらいました。
f0131936_1626392.jpg

いま体重500gぐらいということで心臓の右心室,左心室とか頭の寸法とか 今はなんでもわかってしまうんですね。今は と言っても妊娠も出産も41にして初めてのことなので 全くの知識不足の私なので...。自分の体重は2週間前とくらべて−0.1kgとほとんど増減無しで とにかく順調な様子で 無事転院OKとなりました。 そこの産婦人科病院の先生はとっても感じも容姿もいい方で この先生なら安心して赤ちゃんを取り上げてもらえそうとも思えたのですが 病院は病院なので 私の希望する分娩台ではないお産は不可能。やっぱり助産院にて産むため 思い切って転院することにしました。先生もそれじゃ助産院でがんばってね。みたいな 励ましも言っていただきました。
すごい高齢出産だと思うんだけど 『先生大丈夫なんでしょうか?』とは はっきり聞けなかったんですが なんかアドバイスが必要ないほど 順調なのか?それとも 忙しい予約いっぱいの病院なので 私一人なんてどうでもいいのか?判断つきません。
しかしながら 今回も先生の健診前に 助産婦さんの出産相談がありましたが その助産婦さん自身が他県の助産院で二人目と三人目を出産した経験のある方で 『助産院のお産、すごくいいですよ』と言ってくれたので なんだかとても勇気が出たっていうか 安心しました。
でも 産むまでの自己管理とか少し大変なのでがんばってくださいねとは 言われました。
うまく出産できればいいな...
# by shio-shioj | 2007-03-22 16:31 | 子育て

22W-2 今日も寒いみたいですね。

3月だというのに寒い日が続いて 一人で散歩に出ることがすっかりおっくうになってしまいました。f0131936_1235086.jpg
土日は なんとか主人と買い物がてら外に出て歩くようにしたけれど 今年は経験していないって思える位の北風。日向はそれなりに春の気配でしたが 日陰は寒くってえりを立てて歩き 信号を渡ってでも なるべく日向側を歩きました。
でもこれぐらいの歩き方では ちょっと運動不足で心配。
もっともっと歩いて鍛えて体重もコントロールしないと 昔ながらのお産方法で産めないんじゃないかとプレッシャーです。
自然分娩という言葉をよく聞くと思いますが自然分娩というと とにかく帝王切開でなければ自然というらしい(正しいかどうかは?)ので それとも少し違って いわゆる分娩台にのって機械的なもので監視されつつ 時には陣痛促進剤みたいなものをうたれつつ 赤ちゃんをなんとかひっぱりだすって感じの自然分娩ではなく、助産師さんの介助だけで ゆっくり産みたい体勢で 多くは畳のふとんの上で産み落とすっていう昔からの方法なんですが そんなお産を希望して助産院さんに転院してお願いしようとしているのです。
普通の病院であれば とにかく陣痛室にいったん入って 産まれそうになったら分娩台に自分でよじ登って いろいろな機械をお腹に巻かれ、決まった体勢でたくさんの知らない人に囲まれて産むんですよね。
もう少しで産まれそうな状態の妊婦が移動してよじ登ることも信じられなかったし 更に楽な姿勢ではないかもしれない決められた姿勢で産む なんてことができるわけがないと 私は勝手に思い込んでしまったのですが...
だって普段お腹が痛い時 私だったら身体を丸めてお腹をかばいたいと思うのに 分娩台って身体を反った姿勢で 全くの逆じゃないですか? これが第一の助産院でのお産希望の理由です。
会陰切開もこわいです。産まれてくる赤ちゃんが血だらけっていうのは そのせいらしいし、産んだ後の母体の回復も私の勝手な見解ですが 会陰切開せず 昔ながらに産む方が 41才の高齢出産のわたしにはいいのではないかと思ったのです。
でももちろん20代30代の若さ、体力がないので それを少しでも補うために運動とか栄養とか様々な準備が必要らしいのですが...
考えてみれば当たり前で その準備をしないで若い人と同じように産もうってこと自体あつかましいと思えたので納得できました。
しかしながら40代の出産、なにが起きるかわからないから 間際で帝王切開になるかもしれないってことも考慮して これ(昔ながらのお産)しかないと思い込まず 柔軟に対処できるように考えておいてくださいと 助産師さんにはアドバイスされました。
さすが助産師さん そうですよね。何事もゆったり考えないとお腹の子にも良くないですよね。
もう お腹の赤ちゃんもにゅるにゅるっていうかぴくぴくって感じでうごいたりします。不思議...
今日は こんな胎動のほかにお腹の一部分がちくちく痛かったりして 心配だったりもしますが  いまのところ順調なのかな?明日 病院に行って助産院に本格的に転院できるか診察があります。やっぱり ちょっと不安ですね。
# by shio-shioj | 2007-03-19 12:13 | 子育て

21W-1 いとこどうしでホームパーティー

いとこの家でのホームパーティーにおじゃましました。集まったのはみんないとこです。
持参したのは ちらしずしとむらさきいもとくりとブルーベリーのパイ(結構うまくできたかな?)。
写真に取れば良かったのだけど 忘れてしまいました。残念。
やっぱりいつも焼いてくれるステーキは おいしくって たまに食べたくなっちゃいます。

でもせっかくのたくさんのお料理なのに ちょっと消化状態がわるくて すぐにおなかがいっぱいになってしまい すこしストレス。もっとたくさん食べたい。
つわりがほとんどなくなってきて もっと爆発的に食欲がでるのかと思ったけれど そんなこともないんですよね。むしろおなかが圧迫されて苦しくって食べられない感じです。

それでも体重は少しずつ増えて1ヶ月で1.4kg(2ヶ月では2kgなのですが)増えてしまい 病院で1週間程前に助産師さんに気をつけるように言われてしまったので 注意、注意。

明日からは食事管理と散歩とストレッチでまた体重管理に気をつけないと助産院では産めなくなってしますので無理せず マイペースでがんばりますね。
# by shio-shioj | 2007-03-11 11:00 | 日常

6ヶ月目(20W-3)

3ヶ月程前になんとも言えないうれしいような不思議を経験して なんだかあっという間に妊娠6ヶ月目に入りました。
ゆっくりゆったりの毎日のはずが 振り返ってみるとあっという間なんておかしい気がしますが...

ぜったい妊娠したいという程の意気込みもないまま このままふたり暮らしていくんだろうなあ と ばくぜんと思っていたような...30代後半、そして40代へ
家族や親戚、友人にも恵まれ 不満もないっていうより 私としてはかなり快適な まあ幸せっていうのはこんなかんじなんだろうと思える毎日。こどもを産むか産まないかとかは 私のくらしの価値を大きく変えるものじゃないと思える毎日でした。

もちろん いまもそんなことは『人それぞれ、めぐりあわせ』っておもっています。

でも出産に関心がないってことではなくて 33、4歳ごろから 考えてみようかなとは思っていました。でもここでは考えはじめただけ、結局1年かかって仕事をやめて(仕事をやめたのは妊娠のためだけではないけど リセットしたい的感覚とでもいうのかな?)
それからまた仕事をしない自由を満喫すること2年、それから少し様子をみたりして 夫にこどもがいてもいいんじゃないと話したのは 38か39歳になっていたかもしれません。

ゆっくりを通り越して ちょっとゆったりし過ぎてるかもしれませんね。

これから こんな毎日でどうしてこうなったのかなっていう自己分析と 高齢出産は どうなっていくのかをのんびりし過ぎのグズな私が 話していけるのでしょうか?
# by shio-shioj | 2007-03-06 13:10 | 子育て